しわの治療法としては

医療レーザー治療法

レーザーによる治療は、冷却ガスを照射することで表皮を熱ダメージから保護し、レーザーを照射して、真皮上層にある線維芽細胞を刺激してコラーゲンの産出を促し、結果的に小ジワ・ニキビ跡の凸凹・肌質・老化防止などを改善するものです。



レーザーによる熱ダメージを受けることなく真皮上層のコラーゲン層のみをレザーによる熱で刺激して新しいコラーゲンを再生させることが可能です。


医療レーザーには機種ごとに固有の特性があるので、その特性を上手に組み合わせたコンビネーション治療が効果を上げます。




フォトフェイシャルによる治療法
フォトフェイシャルは、これまでの手術やレーザー治療などとは異なる、皮フを活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増やす光による治療法です。

短時間の治療で、肌の感触が良くなり、細かいしわ や毛穴の開きまで改善します。

新しい光の技術(IPL)によって、治療をします。

この光は、皮フを活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増やします。

その結果、肌の感触が良くなり、細かいしわ や毛穴の開きまで改善をもたらします。

治療時間は20〜30分程度と、短時間ですみます。




ヒアルロン酸による治療法

ヒアルロン酸は、水となじみやすいため保水力が高く、皮膚の張りや弾性を保つのに役立つものです。

しわの箇所に注入して、溝を埋めて平らにしたり、膨らませたりします。

ヒアルロン酸はコラーゲンと違いアレルギー反応の心配がありません。

治療効果は1年ほどですが、通常より粒子の大きなヒアルロン酸を使用することで、通常の約2倍の期間、効果が持続します。

表情じわ(額、眉間、目尻など)や、たるみじわ(目の下、頬、口元、首筋など)あるいは、顔のどの部分でも注射によってしわを無くすことができます。

ボトックス注入による治療法

笑った時にできるしわや眉をひそめたときにできるしわ、その他顔の表情を変えた時に出来るしわに対しては絶大な効果があります。

筋肉の力を弱める作用があるので、その効果を利用してしわの治療に応用しています。
一般的なしわは皮フの萎縮によって起こりますが、額や目もと、鼻間のしわは筋肉が収縮して目立つようになります。

表情によって出来るしわはボトックスを注射することで筋肉を麻痺させます。

ボトックス(BOTOX)はボツリヌス菌が産生するタンパクを加工して作られた医薬品で、筋肉の動きを弱める作用があるため、表情筋に適量を注射すると、表情は自然なままで表情じわが寄らない状態にコントロールできます。

治療効果は半年ほどです。


額の横じわ、眉間の縦じわや目と目の間の横じわ、目尻のしわ(通称カラスの足跡)、あごに出来る梅干じわなどにお勧めします。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸マクロゴールピーリングとは、サリチル酸を、マクロゴールという基材に溶かした、新しいピーリング剤で、非常に効果が高いのに炎症などの副作用が起こらない、優れたピーリングです。

誰にも気づかれずに顔をリフトアップするのは、

お顔の補正下着”アットコガオ”の
サイトはこちらです
posted by venus at 17:33 | しわの治療法

しわの予防法としては

美しい肌を保つためには、毎日のスキンケアがとても大切です。


スキンケアを怠ると肌の防御機能が弱まり肌トラブルをおこしやすくなります。


新陳代謝のリズムが乱れて、しわの要因になったりします。


新陳代謝のリズムを正常化させるためにも毎日スキンケアを行いましょう。


その際には自分の肌に合った化粧品を使用することが大切です。


できてしまった、しわをきれいにするためには、肌質を整えることから始まります。


肌質がよくなればしわができにくい肌にもなります。


自分でマッサージをする時は、専門家に習らわないと、自己流で誤ってしわを作ってしまうことにもなりかねません。


posted by venus at 17:26 | しわの予防

しわの原因としては

肌の乾燥による原因

いわゆる小じわといわれているものの中に、肌の乾燥が原因となっているものがあります。


表皮の角質層には15%程の水分が含まれていますが、この水分が蒸発してしまうと肌が乾燥してきます。


この肌が乾燥した状態で肌が動くと小さなしわができてしまいます。

これが解消されないままに繰り返されると、はっきりとしたしわがついて、いずれ本当のしわになっていくのです。


また、乾燥によって新陳代謝が乱れ、肌の生まれかわりが不順になり、たっぷり水分を蓄えた細胞ができなくなります。


角質層にも隙間ができ、そこから水分が蒸発するようにもなってしまいます。

すると、ますます肌の乾燥は助長され、その結果しわの程度も進行していきます。

紫外線による原因

真皮にまで届く紫外線は真皮のコラーゲン繊維を傷め、みずみずしさや丈夫さを損ないます。

すると肌の乾燥、肌のはりを失った状態をひきおこし、しわやたるみができます。

老化、加齢による原因

紫外線による「光老化」を含め、活性酸素の増加などで肌が老化してしまうと、真皮のコラーゲン線維やエラスチン線維の構造が変化したり、乱れたりします。

これにより肌の強さ、弾力が失われ、しわの発生へと繋がります。

表情による原因

喜怒哀楽の表情がはげしい人は、そこの筋肉の収縮につられて皮膚が引っ張られたり、縮んだりします。

そのうち、その部分の柔軟さ、弾力が失われしわができていきます。

体調の変化による原因

高熱後の脱水症状や、急激な体重の減少、栄養バランスの乱れがおきると、乾燥や構造が崩れた肌になり、しわが発生してしまいます。
posted by venus at 17:16 | しわの原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。